風俗初心者必見!働くためのアドバイス

風俗を始める前の悩みを解決

1985年に男女雇用機会均等法が制定、翌年1986年から施行されかなりの年月が経ちました。
成熟した日本社会ですから、女性であっても仕事はいくらでもあるように思えますが、お金をたくさん稼げる仕事がそうそう多いわけではありません。
真っ先の思い付くのが、風俗でしょう。
女性がこの世界で働く事への抵抗感が、以前と比べてかなり小さくなってきました。キャバクラ等も含めたナイトワークで働いた経験のある人の割合は、68人に1人というデータもあります。

風俗の世界への垣根を低くした要因で最も大きなものは、女性向けの求人誌や求人サイトです。
働く世代の入り口にいらっしゃる女性であれば、1度はご覧になったことがあるでしょう。駅前や繁華街のような人通りの多い場所を歩けば、キャバクラや風俗のようなナイトワークの仕事の求人誌を、ただで配ってくることも多いです。
どちらもポップで可愛らしい見た目につくられていますので、抵抗なく受け取り、ちらっとでも目を通すのです。

また、出稼ぎというスタイルも定着し、小旅行を兼ねて風俗で稼ぐ女性増えています。
例えば、こちらのソープ出稼ぎ専用求人サイトには地方やリゾートの出稼ぎ先が多く人気となっています。

このように比較的身近になった風俗の仕事は、女性が他の仕事より大きく稼ぐのに確かに適してはいますが、注意すべき点もあります。特に風俗の世界で働いたことのない全くの初心者。
どんな仕事でもそうです。未経験のことは、慎重に始めて下さい。
風俗初心者がご存じないことで1番多いのが、「風俗店であればどのお店でも同じくらいたくさん稼げる。」ということ。風俗の世界では、お客様のニーズの変化・多様性から、様々な種類のお店が生まれて分化してきました。
各お店で提供されるサービス内容は異なり、それによってそこで働く女性が1日で稼げるお金にも違いがあります。

例えば風俗の仕事と言えば、体を触られることが当然と考えてらっしゃいませんか。大きく枝分かれした今の風俗業界には、「触られない」仕事があります。お客様へのサービスが、ソフトなものからハードなものまで段階があると考えていただければ分かりやすいかと思います。
そしてよりハードなことが求められる仕事ほど、1日で稼げるお金も大きくなるのです。
具体的金額で言うと、1日2~3万円で良いのでしたらそれほどハードなことは要求されなくて済みますが、その倍は欲しいとなれば結構ハードなサービス提供もしなくてはなりません。必要とされる金額は、人によって色々あるでしょう。
そこを良く考えて働く風俗店のタイプをまず決めることが、風俗初心者の女性が注意すべきことです。